理事長紹介・スローガン

理事長所信

 

はじめに

我々は、生を受けてからこれまで何を成すにしても、先人たちの礎の基に切り拓かれた道を歩んでいる。そして、時代に沿った変化を繰り返しながら、受け継いできた心を守り磨きながら進化を重ねてきた。この世にひとりの力で生を受けた訳でもなく、ひとりで存在しているのではない。両親や友人、仲間との協調性をもち何事も多数で成し遂げてきたと言っても過言ではない。それは、今も昔も変わらない「ひと・団体」の在り方である。

一般社団法人つくし青年会議所(以下、つくしJC)は、1972年に旧筑紫郡4市1町(筑紫野市・春日市・大野城市・太宰府市・那珂川町)を活動エリアとして、「自然と歴史と人間との調和~つくしは一つ~」を設立スローガンに誕生した。この46年というつくしJCの歴史は、近年の運動・活動から形成されたものではなく、先人たちがそれぞれの時代を見つめ直し、運動を展開してこられ、歴史を繋ぐ基軸となる「郷土の為に」という志は決して変わる事なく共有されてきた。この国やまちに未来があるように、我々つくしJCも「明るい豊かな社会の実現」という未来の在るべき姿を模索し続け、知恵や経験という財産を設立以降46年間繋いできた根底には、その時代には「何が必要なのか」、「何をしなければならないのか」の問題点と改善点をバトンという形で引継ぎを続けてきた結果であり、一貫して地域の発展に寄与した「未来を見据えた行動」の蓄積である事は忘れてはならない。この筑紫地区に集う我々青年経済人が、明るい豊かな社会の実現の為に、誰よりも率先して地域の新たなる一歩を踏み出さなければならない。その為にも、現在のJC運動・活動に対する波及効果や目的達成の先を見越して、JCとして進化しなければならない岐路に立たされていると感じている。「今までのJCでは」という、経験を基にする考えばかりではなく、「これからのJCは」という新たな視野を持って臨む必要があると考えている。

JCでは、「ひとはひとでしか磨かれない」とよく言われるように、一人ひとりが切磋琢磨する事で、魅力的なひとへと成長して自立する。自立したメンバーが、一般市民への意識の変革に繋がる運動・活動を起こして共助に繋がるものと感じている。ひとが変われば、それに連動してまちが変わるきっかけとなり、まちが変われば国も動かせるという意識の下、人間力・地域力を高めたいと強く願っている。つくし青年会議所の運動を通してその可能性を追求する中で、一人ひとりの朧げなアイデアを紡いで知恵に変え、全力での行動を実現する。そんな運動が実現できたとき、当事者意識と高い志を併せ持つ、まちと企業と市民のパワーにより、「つくしは一つ」は実現する。

その為にも、従来通りの進め方だけでなく、先人たちから受け継いできた心と、決して変わる事のない「郷土の為」という志を胸に、もう一度原点へ立ち返る事で新たな未来が切り拓かれるものと信じている。

JCの転換期

これまで公益社団法人日本青年会議所(以下、日本JC)設立から66年、つくしJC設立より46年が過ぎた。設立以降、全国各地で様々なLOMがそれぞれの運動を展開し、世の中から必要とされてきた。しかし、「JCしかない時代」から「JCもある時代」と言われるように、JCも転換期を迎えている。会員自身の時間とお金を遣い、運動・活動に真摯に取り組む姿だけではなく、その時代や政策・問題点に向き合い、新たな手法や視野で変化・進化を積み重ねる時代になっていると言える。

「不易流行」とは、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の中で見出した蕉風俳諧の理念の一つであり、「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れていく事」とある。つまり、先人たちが培ってきた経験を基に、次世代へ繋いでいかなくてはならない不変のものと、今の時代に見合う変化が必要だという事である。JCという組織が、地域住民から見て魅力的な団体で、志高い仲間が集う組織であり続ける為には、我々の存在が市民にとってリーダー・希望であり続ける必要がある。その為には、JCメンバーは設立当初の先人たちと同様に「郷土」を想い、未来を担う子供たちにより良い形でこの郷土を遺すという信念は決して忘れず、時代に沿った運動・活動を展開し続ける必要がある。

変化は必ずしも進化を伴わない可能性もあるが、進化は変化なしにはありえない事も明白である。我々JAYCEEが創意し、不変の志と新たな一歩を踏み出す自覚・責任を強く持ち続けたい。

つくしの地

1896年に郡制が施行される際に筑紫郡としての歴史を歩み始めたが、1972年に筑紫野・春日・大野城が市制移行した事で、地域の一体性が希薄化する事を危惧された。その状況下、歴史を鑑み、一つの地域としての魅力を残して発展させていく為に、同年つくし青年会議所が誕生しているのである。その活動エリアの中で、唯一の郡である筑紫郡那珂川町が2018年10月に単独市制施行を控えている。日本の総人口の減少や過疎化が進む中、改めて誇らしい地域である事を再認識できる。人口の流れには地域の魅力や好まれる所以があり、福岡市近郊という立地に対して、歴史・自然が豊富に存在し、行政としての努力も決め手と推測している。市制施行となれば、行政の最大の使命である「社会福祉の向上」に着手され、インフラの整備や企業進出・雇用の場をもたらす事で、更なる地域発展に繋がると感じており、隣接地域もまた相乗効果による発展が期待される。

我々の活動する筑紫地区は、万葉集にも歌われた「二日市温泉」や九州最古の仏蹟である「武蔵寺」、天満宮の総本宮である「太宰府天満宮」、国内4番目の国立博物館である「九州国立博物館」を有し、福岡市の近隣都市でありながら筑紫耶馬渓や宝満山、水城等の悠久の歴史と自然を感じる都市でもある。また、国内だけでなく海外からの交流人口も増加しており、地域として更に発展する可能性を秘めている。その為、原点に返り筑紫地区が一つとなって地域の価値を高め、魅力を発信していく事で郷土を知る機会となり、郷土愛や誇りへと繋がると確信している。

JAYCEEとして

このまちが発展する為には、そこに集う地域住民が魅力的で、まちが発展する事で祖国である日本が更に輝くものと信じている。その為には、日本JCの「2010年代運動指針」にも謳われている「自立」と「共助」が重要である。「世の為、人の為が自分の為」という、他を思い遣る「公」の精神を意識して運動・活動を行う必要があり、JCメンバーとして、自身が研鑽を重ね、可能性に挑戦し続ける事が我々の使命である。

JC運動・活動の本質の中に、「ひとづくり・まちづくり」があるのは言うまでもないが、向かう方向性は「明るい豊かな社会の実現」であり、それに対する奉仕である。住みよいまちづくりを実現するには、文明や歴史だけでなく、そこには心の拠り所となる文化が必要であり、それらを守れるのは地域住民の力である。その「明るい豊かな社会の実現」への架け橋となり、人々の幸せに貢献する青年こそ我々JAYCEEであると確信している。

2011年に発災した東日本大震災以降、国内では多くの自然災害が発生してきた。どんな国内混乱時においても秩序を保ち、耐え忍ぶ被災者を国民が支援する姿も同様に経験している。有事の際に日本人としての他を思い遣る「美徳」が垣間見え、日本人としての誇りを再認識する事ができる。2017年九州北部豪雨災害においても同様に、災害対策本部にJCが常駐し、被害状況の確認や支援物資の要望内容確認から受け入れを全国各地696青年会議所へ速やかに伝達を行えるネットワークや災害復旧の為に事前に社会福祉協議会との連携を行ってきた。このように、日本人として「利他の心」を持ち合わせ、人々の幸せや痛みに率先して行動する青年であり続けなければならない。

出向について

近年、日本JC・九州地区協議会・福岡ブロック協議会に多くの出向者を輩出しており、それぞれが多くの経験や学び、多くの仲間を得ている。これにより、個々が様々な経験を積んで成長する事でLOMにとっても成長する機会を得ている。また、成長したメンバーはLOMに帰属するにあたり、出席率向上に寄与する行動を示す事も著しい。2018年度も継続して各種大会に対する参加率に拘り、出向者支援に邁進したい。それが自己の視野を広げる結果となり、仕事や家庭、つくしJCが更なる発展に繋がると期待している。

最後に、ラグビーワールドカップ2019日本大会を控え、2018年度はキャンプ地誘致を目指す「ドリームラグビー福岡実行委員会」や「全日本じゃがいも副主管」、「ASPAC鹿児島大会副主管」、「全国大会 宮崎大会」を控えており、九州中が佳境を迎える。成長に限りはない事から、全てに全力で参画する事で日本中・九州中から経験値を得るチャンスと捉え、LOMとして福岡ブロック協議会をはじめ九州地区協議会に協力していく所存である。

LOM運営推進委員会

強固な組織には、いつの時代にも内助の功が輝いている。内部的な根幹が揺らぐ事なく運動を展開していく為には、議案に対する堅実な確認作業と詳細を調査する洞察力にあるといえる。第三者的な視点で事前確認を行う事で、内部を指揮する専務理事を始めとする執行部の一助となり、運動・活動に対するサポートを行う要所であると考えている。近年の会員拡大の成功の裏には、メンバー数の増加による事務的作業は当然増えるのは明らかである。予算面から事務的作業まで、正確な情報を発信していく事で、在籍するメンバーにとっても運動・活動をより円滑にする事は実感できるものと考えている。今後、より良い組織として進化し続ける為にも、LOM運営推進委員会にはLOMの定款や諸規則を理解してもらうだけではなく、議案作成・確認のスペシャリストの育成を意識して欲しいと切に願っている。

近年、日本JCをはじめとする出向者が増えた事で、運動・活動の原点である議案作成の精度は高まっているが、それは個々の能力が上がっているだけではなく、議案審査会議の定着にあると言える。それは、外部に対するJC運動の魅力や必要性を伝える手法にも繋がっていると感じており、我々が「明るい豊かな社会の実現」に向けてきめ細やかな運動を行うほど、この地域から必要とされるに違いない。この様に議案審査を行う機会が三役会・理事会のみでなく、増加する事により外部へのアプローチだけでなく、対内の研鑽に繋がるものと期待している。

総務委員会

組織には定められたルールに沿った組織運営を行う必要がある。その代表的な総会や例会を運営するのが総務委員会であり、定款や諸規則に則って組織を動かす事で締りある運営に繋がるのである。一般社団法人格を持つJCであるからこそ、その締りある運営が組織を活性化させ、参加する者の心を動かしていけるものと信じている。

毎月開催される例会は、メンバー全員が集い、方向性を一つにするかけがえのない時間であり、LOMの力量が試される大切な機会である。「セレモニーを見れば、LOMの力量が見える」とも言われるように、例会の進行から配布物の置き方さえ、一つひとつの行動に凡事徹底を行う事で入会歴の浅いメンバーにJCとして活動する事の期待感さえ抱かせるものと感じている。また、総会・例会の堅実な運営を行う事は、「学ぶ意欲」に繋がり、会員拡大や会員育成、魅力ある団体へと繋がる正のスパイラルへと続いて行く。

最後に、委員会・例会・事業と学ぶ機会がある中、それらの補助で他委員会のメンバーが総務委員会に触れ成長をする事で、出席は義務であるという風土を定着させたい。また、運営の中で総務委員会の背中に学び、メンバーは定款・諸規則を理解し、更なる自己研鑽に務め、より良い組織構築に直結する事を期待している。その為には、総務委員会が運営・設営はもとより、JCとしてのルールを遵守し、組織全体の意識の高揚を図れるプロフェッショナルでなければならず、つくしJCを一つにまとめ上げる工夫を凝らし、JC運動・活動の基盤を固める必要がある。

地域連携推進委員会

JCの指すまちづくりには、「新たな魅力づくり」や既存の魅力に焦点をあてた「地域活性化」等の様々な観点がある。しかし、いずれにしても地域住民の参画と行政との連携が必要不可欠で、我々JCメンバーが地域の特性や魅力を理解する必要がある。知らなかった魅力を知ったとき、地域住民は新たな魅力を探求しようと郷土を知るきっかけに繋がり、郷土愛や誇りの醸成への「関心」というスタートラインに立つ事へ繋がっていくものと感じている。

2013年度より「つくしスポーツ振興計画」を推進し、ラグビーに焦点を当てた事業を行い、「スポーツが盛んなまち」という文化を生み出した事で、関係各所に多くの協力者を築いてきた。その協力者が2017年度には「ラグビーフェスティバル実行委員会」として立ち上がり、引き継いでくれた事で、この地域は新たなるコミュニティーを持ち、旧筑紫郡である4市1町の少年ラグビーチームが寄り添う事に成功した。同様に、このラグビーワールドカップ2019日本大会を見越した、先駆けた事業の繋がりが、いまなお「Dream Rugby福岡」としてキャンプ地誘致運動として展開されている。本年も、キャンプ地誘致に対する夢を追い続け、前身となったラグビーフェスティバルへの協力と支援を惜しまない考えである。本年も引き続き、地域の魅力であるラグビーに身を寄せ、2019年に控えるラグビーワールドカップ日本大会への機運を醸成する活動を引き続き開催したい。

スポーツには、健康や青少年育成としての要素を含んでおり、国民の拠り所となる事も期待されている。また、市民交流をはじめコミュニケーションという特性を持っており、JC運動・活動として取り組みやすい視点である事は間違いない。本年はスポーツの特性を活かし、地域住民が筑紫地区に対する郷土愛と誇りを醸成する事に加え、目的達成に向けた波及効果を意識して事業を開催する必要がある。

未来を担う人財育成委員会

「相手の為に利害を考えず尽くす」とは何も特別な事ではなく、協調性をもって人と対峙する事は自然と日常の中で繰り返し行われてきた。これは、自己犠牲と言った仰々しいものではなく物事を相手の目を見て、話を耳で聞くといった相手を慮る心である。この心はいまを生きる日本人にも備わっており、失われている訳ではないと感じている。こういった、当事者意識を持つ市民が更に増える事により、活力溢れるまちへと進展する。その上で必要な事は、市民間交流や未経験の物事を体験させる事であると考えている。人は己自身で出来る事は限られているが、様々なコミュニティーを利用する事で補っている。この様に、学校やクラブ活動、日常で体験し難い事項を経験させる事が、参加者のみならず、設営するメンバーをも成長させる事に繋がると確信している。

近年、IT技術普及によるSNS等の利用者急増により、他人と接する情報媒体や情報量が飛躍的に増大しており、人と相対する事が容易になった。そういった技術革新に伴い、日本の感性とも呼べる「道」や「空間」など、客人を気持ちよくもてなす為の「点前作法」が融合した総合芸術から遠ざかってきた。「一期一会」とは、「人との出会いを一生に一度のものと思い、相手に対し最善を尽くす」といういつの時代も人である事の意味を持つ。このように、我がまちに現存する悠久の歴史や自然を持つ筑紫地区で自国の文化を知り、触れる事で自覚ある日本人を育成したい。

2011年から続く「つくし寺子屋」も、2017年度では、県外に出て郷土を想うひとづくり事業として、変化を加えてきた。この様に、「つくし寺子屋」のつくし寺子屋5原則に基づき、「礼節」・「自立」・「共助」・「郷土愛」・「感謝」の心を育む事業に変化を加え、事業に対する波及効果や新たなる価値を創造したいと考えている。その為には、対象者や事業内容、開催場所などの綿密な事前調査が必要であり、それに伴ってメンバーが魅力や自覚を感じ、運動を興すにふさわしい人間に成長してくれる事が前提となる。筑紫地区の発展や受け継いでいく志をメンバー自身が当事者意識を強く持つ事から始めなければならない。

郷土の魅力発信委員会

近年、ソーシャルメディアサービス等の利用者急増により、市民と接する情報媒体や情報量が飛躍的に増大しており、我々が展開する運動・活動を知る手段が大幅に増えている。その環境下では、一方的な情報発信だけでは、受け手に対して発信者側の意図が伝わりにくい時代となっている。これからの情報発信は「市民に何を伝えたいか」だけではなく、「市民にどのように動いてもらいたいか」という発想の転換と、その目標に向けたアプローチを創造する時代が到来している。これまでの歴史や経験に、いまの時代に沿った手法を基にした運動・活動を展開する事が必要不可欠である。

より良い事業へと向かう姿勢がどれほど優れていたとしても「市民の意識変革」に繋がらなければ、発信している意図は伝わらない。事業に参画した方々だけでなく、その運動を知る術は前述の通り、IT技術普及により確立されている。その為、改めて原点に立ち返りJCブランディング設立に邁進し、地域住民に対するJC運動の発信を継続的に行っていきたい。

活動エリアである筑紫郡那珂川町が2018年10月に単独市制施行を控えている。本年、我々の抱える使命的課題は那珂川町との協働であり、連携の機会を逃してはならない。同じくして、この4市1町は旧筑紫郡として1つのまちであった歴史や魅力の発信を行い、将来的に波及効果を狙う運動を興したい。その為にも、マスコミとの関係性や各行政との連携を強化していく必要がある。今まで知り得なかった情報を知る事で、郷土を知るきっかけとなり、愛着が沸き、地域発展に貢献する心が芽生えるものと確信している。

会員拡大委員会

「20歳から40歳までの品格ある青年」という定款で定められたJC組織の宿命として、卒業によるメンバー数の減少は避けられない。その組織を存続させ、「明るい豊かな社会の実現」というJAYCEEの使命には、未来を担う新たな会員の入会が必要不可欠である。国内の総人口と共に日本JCのLOM数・メンバー数が減少している中、近年のつくしJCはメンバー数を増加させている。会員拡大には、熱意と他委員会を巻き込む必要があり、いかにメンバー自身に会員拡大の使命感を理解してもらうかが重要である。会員拡大委員会が新入会者獲得の意義や効用などをメンバーへ周知徹底する事で、メンバーへの使命感に繋げたいと考えている。

JCメンバーの中には、営業力の優れる者や地域発展の為に率先して行動する姿勢を見せてくれる者、コミュニケーション能力に優れる者がすぐ隣にいる。こうした、他人の優れた部分を肌で感じるのも私はJCに入会・仮入会を勧める一つの理由である。自分に時間がない場合に「出来ない」という結論を出さず、組織をいかに成長させる為に「どの様な行動を起こせるか」等の「それを行う為にはいま何をしなければいけないか」を考え出せる青年経済人の集う場にして欲しいと願っている。

最後に、会員拡大には目には見えにくいLOM全体の結束力が測れると私は感じている。会員拡大委員会とは、会員拡大対象者やその情報を集め、仮入会に持ち込むまでの委員会であり、最低限のフォローを除き、実は各委員長のフォローにかかっている。委員会運営が十分に行われ、会議が円滑に進行していく流れを見せる事で、仮入会者もJCメンバーと同様に成長の一歩を踏み出してもらえると確信している。改めて、今までの雑念を捨てて「会員拡大」が庶務の1項目に入っている理由を考え、会員拡大に終わらずその先にある会員育成を視野に入れたLOM全体での拡大・育成意識の活性に務めたい。

資質向上委員会

つくしJCが、これからも地域貢献を継続し、「明るい豊かな社会の実現」という使命に向っていく為には、会員拡大が重要課題であり、その未来を担う会員の成長が必要不可欠である。しかし、会員が増え、活気が漲るメリットと歴史を繋いでいく難しさを併せ持っている事は理解しなければならない。筑紫地区・つくしJCの歴史や魅力を理解し、筑紫地区で行われる運動・活動に対する当事者意識を持つ会員として、いかに成長させるかが課題となってくる。「質と量」のバランスを保つ為には、会員育成を含めた個々の成長が最重要課題である。その為には、資質向上委員会と会員拡大委員会は連携を取る事が必要であり、仮入会からの流れを止めてはならず、円滑な引継ぎが必須となってくる。新入会者の活動が活性化する事で、自ずと夢を描ける人財へと進化する事が明らかである。個々の志はもちろん、新たな一歩を踏み出すJCメンバーが増える事で、先述の通り運動や活動は更に進化し、当事者意識と高い志を併せ持つ、まちと企業と市民のパワーにより、「つくしは一つ」は実現に向かうのである。

その為には、例会での入会セレモニーの重要性など、小さな一歩を理解する事で、入会・仮入会者は、LOMに溶け込みやすくなる事が利点であると考えている。また、会員拡大委員会の手を離れる際に理事メンバーとの「バディー制度」を1年間続けたい。厳しさや修練の中に楽しさがあるJC本来の姿と、新入会者の育成はもちろん、担当する理事メンバーの成長にも繋げる事が目的である。入会にあたり、紹介者しか身寄りのなかった新入会者も理事メンバーとのバディー制度により、連絡・相談がなされ、ひいては出席率の高い理事メンバーに触発されてくれる事を切に願っている。更に、各委員会が多数の委員会メンバーを抱える関係で、目の届かなかった「つくしJCルール」等の詳細部分まで補う事が、会員育成の促進に繋がると確信している。

結びに

生まれ育った場所や環境は違っても、筑紫地区の発展という向かうべき目的は一つである。一人ひとりの姿勢を我々は共有し、更に結束を強く持つ必要がある。また、全力で一つの物事に向き合ったからこそ、大人が涙するのである。目の前にある事から逃げずに、出来る方法を探る。いま居る立ち位置から少しだけ背伸びをする。この様な「目標達成の為の計画」という考えに行き着くだけでも成長であり、JCに入会するメリットであると感じている。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という初代ドイツ帝国宰相のオットー・フォン・ビスマルクの言葉にあるように、自己の経験で物事を図ろうとすれば、必ず人生には幾度の失敗が付いてくる。しかし、我々には先人の歴史や経験を知る事ができ、事前に問題点や課題を見る事ができる。これは、46年というつくしJCの先人から引き継いできた歴史があるからこそであり、歴史を繋ぐ基軸となる「郷土の為に」という志は決して変えてはならない。そして、受け継いできた心を守り磨きながら、自らが変化を起こし、その先頭をJCが駆け抜ける。時代に沿った手法で価値を進化させる事が、いまを預かる我々JAYCEEの使命である。

 

不易流行
~不変の志と先駆けの精神が生み出す新たな価値の創造~

 

基本方針

○堅実できめ細かな議案管理
○凡事徹底する組織運営
○地域連携推進運動の実践
○Dream Rugby福岡への参画
○5つの心を育む教育の実践
○会員拡大と会員育成の推進・連携
○未来を担うメンバーの育成
○郷土の魅力発信と広報に対する関係構築
○公益社団法人日本青年会議所への出向者支援
○公益社団法人日本青年会議所の協働運動
○九州地区協議会への協力と出向者支援
○福岡ブロック協議会への協力と出向者支援
○各種大会への積極的な参画