つくしブログ

2017 JCI GPS


度々失礼致します。

心ある人財育成委員会の松尾奈津輝です。

今さらながら、今月8月1日から4日の間にニューヨークで開催された

2017 JCI GPS に参加させて頂きましたので、

その模様を私目線ですが、ご報告致します。

GPSは、Global Partnership Summit の略で、

その名の通り、世界規模の課題をそれぞれの分野の専門家を交え、

世界のJAYCEEが解決に向けて議論し合う会でした。

まずは、JCI事務総長の開会のごあいさつ。

 

 

続いて、開催地であるアメリカの会頭のごあいさつ。女性なんですね。

 

 

続いて、JCIの会頭のごあいさつ。またまた女性なんですね。

 

 

初日は、「極度の貧困の根絶」をテーマに2名の講師による基調講演が行われました。

 

    

 

初日の夜、日本のメンバーのみの懇親会があり、ゲストとして

ニューヨークで活躍されているアーティストの即興での絵画が披露されました。

 

 

 

2日目の午前中は、17つのグローバルゴールについて

それぞれ専門家を交えてのグループディスカッションが行われ、

午後からは「貧困」のシミュレーションを行いました。

ちなみに私はボーリング家の次男バート君10歳の役でした。

 

    

 

3日目はいよいよ国連入りでした!

テーブルには、マイクと同時通訳のイヤホンが設置してあるのですが、

今回は諸事情により同時通訳はフランス語のみ。英語を必死で聞くしかありませんでした。

 

    

 

午前中は、国連少年少女大使によるプレゼンが行われた後

「気候変動との闘い」をテーマにした基調講演が行われました。

今年の10月17日から19日にかけて、世界同時に行われるこの運動に

皆さんでぜひ参加しましょうと言われていました。

 

 

午後からは再度グループディスカッション。

一緒のグループになった南アメリカにあるハイチから来ていた彼らの母国語がフランス語

ということで、フランス語が話せるJCI関係委員会の田中さんに

通訳をしてもらいながらのディスカッションになりました。

 

 

 

最終日も国連での開催でしたが、諸事情により別の会議場でした。

 

 

去年からこの「GPS」の存在を知り、ずっと行きたくてやっと参加させて頂けましたが、

通訳一切なしの全て英語、しかも世界の諸問題を各専門家を交えて解決に向けて議論するという

とてもとてもレベルの高いこのサミットに参加し終えて、自分の無知、無能さを痛感しましたが、

国連の窓から見たこの景色をラストチャンスである来年もぜひ見たいと思い、

密かにリベンジを誓いました。

 

 


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram