理事長ブログ

ラグビーフェスティバルへの想い

このブログ記事は2015年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


4月18日(土)

いよいよ明日、福岡県春日市にある春日公園球技場にて、第3回ラグビーフェスティバルを開催します。

あいにくの雨になりそうですが、ラグビーは雨でも行うスポーツなので、もちろん雨天決行です!

mv_rugby2015

 

今頃、担当の廣田委員長はじめ、まちづくり委員会のメンバーは、参加いただく方々のために準備をまだしている事でしょう。

JCマンであるかぎり事業を担当すると、事業前日は仕事や家庭の事が終わって準備を始めるので、ほぼ徹夜状態で取り組みます。

ただひたむきに、地域にポジティブな意識変革を起こそうとする青年が、地域に一人でも多く増えるために、、、

 

「スポーツ振興はラグビーだけではない!」という対内の声もありましたが、今年もラグビーに特化して、決してラグビー競技者だけを増やすことを目的とせず、ラグビーをより楽しく観戦する人たちも増やして、筑紫地区全体でラグビーを盛り上げるまちづくりを目指します。

 

そのためには、私を筆頭にラグビーに関係したことがない方々に、より身近にラグビーに触れてもらうことから始めます。

それが、小学校の体育授業でも行われている”タグラグビー”です。  明日は、ぜひ一人でも多くの方にラグビーの楽しさを感じて頂き、筑紫地区で見ごたえのある、全国トップクラスの少年ラグビーチームの交流戦の観戦を楽しんでいただけたら幸いです。

 

私達つくし青年会議所は、第3回ラグビーフェスティバルを開催するまでに、約6ヶ月間、延べ76個の意見と対応を会議で繰り返しながら、事業を構築して参りました。

 

IMG_1962  IMG_1968

 

担当を頂いている廣田委員長だけでなく、2人の副委員長、3人の幹事、フォロアメンバーも、初めてのラグビー関係者以外の方も対象にした事業構築に困惑した場面もありましたが、無事3月の理事会で事業実施に至る背景、目的、事業内容、チラシデザインや対外提出書類、予算すべてをクリアして、審議可決を受けた渾身の事業です!

 

是非ご期待ください!!

 

 


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram