つくしブログ

2016年度 初の委員会庶務

このブログ記事は2016年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


こんにちは。小鳥居です。
そういえば、、、つくし青年会議所のホームページのデザインが変わっている事をご存知でしょうか?実は、2016年度よりホームページのトップページのデザインがリニューアルされました。

 

スクリーンショット 2016-01-04 09.29.11
つくし青年会議所では、毎年5つ~6つの委員会を設置し、対象となる方々やメンバーの意識醸成、あるいは意欲向上を図る様々な事業や、各庶務を振り分けて1年間の役割を全うしております。本年度は、6つの委員会を設置し、そのアドバイザー的な存在として4人の副理事長と1人の専務理事が各委員会の担当に就いてもらっています。その6つの委員会は、総務・例会運営委員会、魅力あるまちづくり委員会、つくしの心教育委員会、会員育成委員会、会員拡大委員会、魅力発信委員会です。そして今回、このホームページのデザインを提案し、1月1日に2016年度版に更新してくれたのは、大里副理事長が担当して坂本委員長が率います魅力発信委員会であります。すごく良いデザインで私自身も非常に気に入っていますし、見やすいデザインになったので、担当委員会には大変感謝しております。昨年9月の準備段階から1月1日まで本当にありがとうございました。この委員会は、広報を担当する委員会であり、「魅力発信」という委員会の名のもと、つくし青年会議所の魅力はもとより、我々の活動エリアである筑紫地区(筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町)の魅力をたくさん発信する事がこの委員会の担いであります。このホームページを主に活用して、今後たくさんの魅力を発信しますので、どうぞ楽しみにしていて下さい。また、本年度はつくし青年会議所が設立されて45周年という節目の年でありますので、45周年記念事業を開催する予定としております。その担当委員会がこの魅力発信委員会であり、テーマを「音楽」とした事業を計画しております。おそらく秋頃に事業実施となりますので、こちらも楽しみにしてて下さい。

また、2016年度の初の庶務を行って頂いた委員会がもう1つあります。それは、野本専務理事が担当して福山委員長が率います総務・例会運営委員会であります。総務・例会運営委員会とは、その名の通り総務の役割を担う委員会であり、1月から12月までの毎月に唯一メンバー全員が一同に会して行われる例会の準備・運営を担当する委員会であります。総務の役割とは、2016年度版の会員名簿の作成や、理事会の議事録の作成など、組織の基盤となるべく役割が豊富にあります。その中の1つに「JCニュースの登録・管理」という庶務があります。これは、メンバー専用のメーリングリストであり、これを使用してメンバー全員に対して組織全体や各委員会からの連絡事項が流されます。年間に約350通から400通のメールが流されるもので、メンバーとしては非常に重要な連絡ツールであり、組織にとって必要不可欠なものであります。それを1月1日から2016年度版に変更をして頂き、メンバーに連絡をして頂いた総務・例会運営委員会には本当に感謝いたします。本当にありがとうございました。この総務・例会運営委員会は、2016年度最初の公式事業であります「1月通常総会」を担当しており、またその前にある最初の例会の「1月度例会」も担当いたします。何事も最初が肝心であり、本年度は「締りある運営」をテーマに毎月の例会と総会を始め、各会合の運営を行う予定であり、9月からずっと準備を重ねてきております。こちらについては、当日に皆さんはご覧になれませんので、また事業終了後にホームページの「事業報告」で報告させて頂きます。

昨年の9月から全委員会は、2016年度の運動・活動の為に、本気で準備を進めております。そして、こうして1月1日より活動を始動しております。これから先も2016年度を全力で走り続けたいと思いますので、今後とも温かく見守って頂きながら、ご協力とご支援を宜しくお願いいたします。


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram