つくしブログ

意見の大切さとは?

このブログ記事は2016年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


こんにちは、小鳥居です。
昨日2月12日は、つくし青年会議所2016年度2月度理事会が開催されましたので、その中で私が挨拶した内容をご紹介します。

 

“理事会において、自分たちが企画したものに対して「意見」をもらう事は、自分の考えを改めて考え直す機会を与えてくれるものであります。私は理事長所信において、成長に繋がるのは「考え方の変革」だと記載しています。自分の考えに対して、人から意見を貰う事で、自分の考えを見つめ直し、人の意見に沿って自分の考えを変革していく、これが成長に繋がると考えています。すなわち、柔軟な頭脳や柔軟な考えを持って頂きたいと思います。何を言っても自分の考えを変えない頑固な人に対して、人は何も言わなくなります。「言われるうちが花」という言葉がありますが、考えを変えてくれると信じているから、人は意見するのであります。この理事会においても意見するメンバーも対応してくれると信頼しているから意見すると思っています。だから、意見を貰う事に対して、感謝の気持ちを持って頂き、意見には謙虚に、そして真摯に向き合って頂きたいと思っています。そこで、今日は1つお願いがあります。意見を貰った時には、必ず後から意見をしてくれた人にじっくり考えを聞いて頂きたいです。人によって解釈や捉え方が違いますし、意見する方も要点を纏めて意見するので伝えたい事が100%伝えきれてない事もあります。こうやって意見した人の考えを聞く事が、事業を構築する近道ですし、それが意見した人に対する真摯な姿勢であり、謙虚さでありますので、是非とも今日の理事会が終わってから実践して頂きたいと思います。”

 

CM160212-213713002

 

以上が、理事会での私の挨拶ですが、意見とは事業を良くする為だけではなく、実はメンバーの成長に直結するものだと思っています。何も意見をしない事がメンバーに対する気遣いや配慮ではなく、お互いに刺激し合いながら共に向上する切磋琢磨の精神を持って意見する気遣いと配慮が本当のメンバーへの思い遣りだと考えています。メンバーの今ではなく、もっと先の未来を大切にしたいからこそ、このような想いを抱いています。この仲間への思い遣りは、青年会議所でしか感じる事ができないと思っています。そんな魅力がこの団体にはありますので、興味ある方は是非ともご連絡して頂ければ幸いです。共に仲間となり、成長しながら、地域発展に貢献しましょう!

 

【問い合わせ先】
 一般社団法人つくし青年会議所事務局
 TEL:092-924-8338(代)
  ※月~金曜日 10時~16時(祝祭日、年末年始を除く)
 メール:info@tsukushi.or.jp


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram