つくしブログ

理由と直結する目的の大切さ

このブログ記事は2016年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


こんにちは、小鳥居です。
私は2007年に青年会議所に入会しましたが、以前ブログで紹介しました通り、それにはちゃんと理由があります。他の会員も青年会議所に入会した理由というのは、必ずあると思いますし、質問したらちゃんとした答えが返ってくると思います。では、その入会した理由から、青年会議所において自分がどのような行動を起こすべきかという事まで具体的に考えを持てているでしょうか?

 

JCIマーク原本

 

青年会議所に入会した理由から、目的というものが自ずと生まれると思います。例えば、友達を増やしたいと思って入った人は、友達を増やす事が目的になるでしょうし、自己研鑽の為にと思って入会した人は、自己研鑽が目的となります。しかし、この例のように理由と目的が直結するケースだけではありませんので、なかなか難しいのでありますが、肝心なのはどのような理由であっても目的とちゃんと直結させる事が出来ているかどうか、すなわちは青年会議所において何となく活動していないかであります。これは、青年会議所において、役職を受ける際にも同じ事が言えます。せっかくの青年会議所においての貴重な時間を無意味な時間しない為にも、きちんと理由と直結する目的を定めましょう。


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram