理事長ブログ

福岡の子供たちに夢を!

このブログ記事は2016年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


こんにちは、小鳥居です。
先日もブログにおいて紹介しましたが、毎年私たちつくし青年会議所は、筑紫地区(筑紫野市・春日市・大野城市・太宰府市・那珂川町)の発展の為に、まちづくり事業を行い運動を起こしています。そんな中、昨年2015年に、2019年に開催されるラグビーワールドカップ日本大会の会場として福岡市が選ばれました。そして、これから2017年冬頃までに向けてキャンプ地が徐々に決まる流れとなりますが、この流れの中で本年度においては、与えられた一つの貴重な機会と捉え、キャンプ地誘致という筑紫地区の秘められた可能性に挑戦したいと考えています。私たちが住み暮らす筑紫地区は、古来より美しい自然と悠久の歴史を有する地域であります。この筑紫地区の魅力を多く発信しながら、この地域をさらに魅力ある地域へと発展させたいと考えています。そして、この事をきっかけに筑紫地区内の少年ラグビーチーム関係者・高校ラグビー部関係者も含め、地域住民と共に気運を高める運動を展開したいと考え、準備を進めてまいりました。

 

20160321_123211

そして、先月の2月24日に福岡商工会議所におきまして、福岡商工会議所・福岡青年会議所、そしてつくし青年会議所でラグビーワールドカップ2019日本大会キャンプ地誘致に向けた記者会見が行われ、それを皮切りに私たちの運動が始まったのでありますが、昨日3月21日は、その機運醸成の活動を中心に行うプロジェクトチーム「まっとうばい ラグビー世界最強の男たちプロジェクトチーム」として、福岡市東区香椎浜にあるラグビートップリーグのコカ・コーラウェストジャパンレッドスパークスの練習グラウンドにおいて署名活動を行ってまいりました。この福岡にオールブラックスを始め強豪チームを誘致して、未来ある子供たちに夢を与えたいという強い意志のもと、多くの署名を集める為に現在奮闘しております。是非とも私たちの想いと主旨をご理解頂き、ご支援とご協力を頂きますよう宜しくお願い致します。


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram