筑紫地区の催し紹介

つくし路100km徒歩の旅

このブログ記事は2014年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


 

 

本年も筑紫地区の夏の風物詩、第17回つくし路100km徒歩の旅が行われました。我々つくしJCのOBであります梶原日出男先輩が副理事長の頃始められた事業で、現在は一般社団法人日本教育会議の主催となっています。筑紫地区4市1町を4泊5日をかけて小学生が徒歩で100km歩く青少年育成事業です。

 

 

今年は8月8日から12日の予定でしたが、台風11号の影響で2日目・3日目と自宅待機となり、例年とは少し異なる形となりましたが、イレギュラーにも関わらずスタッフの皆様は臨機応変に対応され、子供たちも例年同様に真っ黒になりながら、一回りも二回りもたくましくなってゴールテープを切っていました。

 

 

筑紫地区を発祥に全国にも運動が広まっています。我々つくしJCの現役メンバーも出来うる限り協力をさせて頂き、郷土の誇りとして今後もこうした活動が続いていきますように祈念いたします。

 

 

10547546_652859174801400_3198403280418903196_n


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram