つくしブログ

菊花展 ~太宰府天満宮~

このブログ記事は2016年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


こんにちは。総務・例会運営委員会の日下部です。今回は、太宰府天満宮にて行われる「菊花展」をご紹介します。

道真公といえば、「梅」というイメージがありますが実は「菊」も縁深いものです。道真公は子供の頃から菊を好まれており、歌にも菊を題材としたものが多く残っています。

秋風の吹上に立てる白菊は 花かあらぬか浪の寄するか (古今和歌集272 菅原道真)

意味:秋の風に吹き上げられる吹上(地名)の白菊は、花なのか白波が寄せているのか

この「菊花展」11月1日から下旬まで行われています。展示されている菊は、育成家の方々が丹精を込めて育ててこられたものです。この菊、育てるのが非常に難しく、苦労の末、大輪の花を咲かせております。

是非、ご覧下さい!!

場所:太宰府天満宮・天神ひろば

期間:平成28年11月1日(火)〜25日(金)

DSC_0165
平成27年の菊花展画像です

つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram