つくしの魅力

太宰府散策 大宰府政庁跡編

このブログ記事は2015年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


おはようございます!!

 

 

本日も、気合入れMAXの会員拡大・広報委員会の木下です。

 

 

皆様連休ですね(*>ω<)v

 

 

 

ということで、今回は、太宰府の数ある歴史的遺構から有名な「大宰府政庁跡」についてレポります(^O^)/

 

 

太宰府と言えば、太宰府天満宮です。
それこそ江戸より昔、太宰府天満宮に参ることを「さいふまいり」と言っていました。

 

 

1

 

 

 

ここの鳥居は、太宰府天満宮から2キロくらい離れているのかな?
実は自分が住んでるすぐ近所にあります。

 

 

西鉄都府楼前駅を降り、関屋橋を渡るとるとあります。

 

 

一の鳥居と言われ、
太宰府天満宮に参るには、この鳥居をまずくぐっていきます。
今では関屋の交差点として太宰府の交通の要所です。

 

 

日田に行く道と太宰府天満宮に行く道に分かれています。

 

 

そして、太宰府と言えばここ大宰府政庁跡ですビックリマーク

 

 

2

 

 

 

唐の長安を模して、
日本の平城京、平安京に次ぐ規模の都市でした。
条坊制が敷かれ、
南北22条2.3キロ、東西12坊2.6キロ。

 

 

 

今でも、住所に三条や五条というのが残っています。
ちなみに木下薬局五条店は、五条ですひらめき電球
京都のように、
碁盤目状には残って荷のが残念です。

 

 

 

3

 

 

 

政庁跡を南から北に向かって立つと、
東側にこんもりとした小山があります。
小学生だったボクは、
あそこで秘密基地を建設していたのですが、穴を腰あたりまで掘って断念したところです…

 

 

実はこの山、当時は水時計が置かれ、時を告げる大切な役目がありました。
そのためこの山は「刻山(ときやま)」が訛って、現在では「月山(つきやま)」と言います。

 

 

この山の裏の小字も「月山」です。

 

 

 

4

 

 

 

小学生のころ、遠足の場所は大抵ここだったのですが、
「何にもねぇところだなぁ~」と小学生なりにフテったのですが…
今では歴史ロマンを感じずにはいられない、ホットスポットですにひひ

 

 

ぐるっと回廊跡があります。
この礎の上に柱があり、建物があったと想像すると、自分の歴史探訪のスイッチが入ります。

 

 

5

 
これが1200年前の礎の本物の石です。

 

 

この政庁跡は、自分が産まれる昭和50年代よりちょっと前には、
高度成長のあおりで、歴史遺跡保存よりも、宅地開発化の波に巻き込まれた場所でした。
よくぞ守ってくれました。
当時の人に感謝です。

 

 

6

 

 

 

正殿址には、「都督府古址」の石碑があります。
この石碑が最も古く、明治初期に高原善七郎さんが…自費で建てたものです。
後ろには太宰府の北の守りの大野城があった、四王寺山が見えます。

 

 

東は、宝満山が守ってます。
都にはうってつけの土地ですね。

 

 

7

 

 

 

ここ政庁跡には、
本当に柱の礎の石がたくさんあります。
太宰府は、政所(まんどころ)、公文所(くもんじょ)、蔵司(くらのつかさ)をはじめ、
19の役所がありました…

 

 

8

 

 

 

今では、そんな霞ヶ関並みの役所があったことは、
遺構から想像するしかありませんあせる

 

 

9

 

 

 

太宰府と切っても切れないのが、万葉和歌ですあせる

 

 

 

10

 

 

 

 

万葉集に記載される太宰府にまつわる歌は、万葉集第五巻に記載されています。

 

 

11

 

 

 

 

その政庁跡を守るように
坂本八幡宮という、こじんまりとした神社があります。

 

 

この辺りは、
当時の太宰府の最高権威にあった
大宰帥(だざいのそち)大伴旅人(おおとものたびと)の館があったとのことです。

 

 

 

12

 

 

 

 

そこに、「がらんさま」という石碑があります。
「がらんさま」とは、「がらんさま」を漢字で書くと「伽藍様」になるのでしょうね。
「伽藍」は寺院の主要な建物を指す言葉。

 

 

だから「がらんさま」は「伽藍」を守る神様だったそうです。

 

 

 

13

 

 

 

とはいえ、ここ坂本八幡宮は「となりのトトロ」にも出てきそうな所です♪

 

 

 

14

 

 

 

この広場は、学校院跡です。
簡単に言うと、官吏養成学校の址です。
今は、見ての通り田園の中にあります…

 

 

ただこの中心のカイノ木は、
唐の時代に中国の孔子廟から持ってきて育てたシンボルツリーです。

 

 

秋に色づいたら本当にきれいです音譜

 

 

ということで、太宰府に来た際は、足を延ばしてこちらの世界に誇れる遺構の散策もお勧めです(*>ω<)v


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram