つくしブログ

大野城跡・太宰府口城門

このブログ記事は2016年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


こんにちは。総務・例会運営委員会の日下部です。

さて、今回は以前、つくしの心教育委員会の木下委員がブログアップされておりました古代の山城「大野城・太宰府口城門」に行ってきました。

大野城は663年白村江の戦いに敗北した倭国が、唐・新羅からの侵略に備え築いた古代朝鮮式山城です。大宰府防衛として、この大野城、基肄城、そして大宰府への入り口となる部分に水城を築き防衛体制を整えました。緻密に計画された防衛体制であったことは地図を見るとよく分かります。

大野城は、太宰府市、大野城市、宇美町に広がる750ヘクタールに及ぶ巨大な山城です。当時は建屋などもございましたが、現在各方面に造られた城門跡・礎石群などを残すのみとなっております。しかし、これほど巨大な山城が当時の人口で実現したことは驚きです。

太宰府口城門には、福岡県立四王寺県民の森・太宰府側駐車場から徒歩でいくことができます。

山道になりますので行かれる時はスニーカー等をお薦めします。

晴れた日のお散歩など如何でしょうか?

 

DSC_0401 DSC_0402

 

 

 

 

 

 

 


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram