つくしブログ

春日市・日拝塚古墳

このブログ記事は2016年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


こんにちは。総務・例会運営委員会の日下部です。

前回、太宰府の「陣ノ尾1号墳」をご紹介致しました。今回は、春日市の古墳です。名前を「日拝塚古墳」と言います。

この古墳は6世紀前半の前方後円墳です。長い歴史の中で多少形は変化しておりますが、古墳の代名詞・鍵穴の雰囲気を感じることができます。

現地看板によると墳丘の主軸がほど東西を向いており、彼岸の時期には東方約16㎞にある大根地山(おおねちやま)から昇る太陽を拝めることから「日を拝む塚」=「日拝塚」と呼ばれるようになったとのことです。

住宅地にあり多少分かり難い場所にはなりますが、駐車場もあります。

場所:春日市下白水南6-208外 (JR博多南駅近くになります)

 

DSC_0076 DSC_0080 DSC_0081


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram