未分類

バトンブログ【人の力を借りられる人間になるということ】

このブログ記事は2017年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


今までの人生の中で、究極に忙しかったここ最近。

忙しい中で、一つの結論が出たんです。

時間に支配されるのではなく、時間を自分の管理下に置くこと。

そしてその先に、仲間の存在が必要不可欠であること。

 

普段の生活での私は、

シングルマザー(6歳と8歳の宝物)

2つの会社の経営者(今年2月と3月で計3店舗新規オープン準備中)

JCメンバー

BNIというビジネス交流会のメンバー

 

という、何面もの顔を持ち生活しています。

もちろんイレギュラーな事も起きるので、全てが計画通りな訳ではありません。

でも、全部やり遂げたいし、やり遂げるべきなことばかり。

何一つ無駄なものなんてない。

 

では、どうやったら上手くいくのか。

 

そこで、タイムマネジメントの重要性なのですが、

JCに入って、まず私が思うこと。

つらいとき、苦しいとき、アイディアが欲しいとき、なんか焦るとき。

様々な場面でJCメンバーをはじめとする、仲間の顔が浮かびます。

 

ほんの何年か前までは、すべて自分でやらないと気が済まなかった私。

それは、仲間を信頼していなかったとも言えます。

だから上手くいかなかったとこもありました。

成功しても、満たされない自分がいました。

 

右も左もわからないまま始めたJCでしたが、

何か熱い方々に感化され、今では下大利に支店を出してまで関わりたいと思えるように。

 

美味しいものを食べたとき、

一人だったら、「ただ美味しいものを食べた。」

としかならない。

でも誰かと一緒だったら喜びを分かち合うことができる。

この【分かち合い】で人は満たされていくものなんだなと心から思えるようになりました。

 

究極のタイムマネジメントとは、人の力を借りられる人間になること。

 

尊敬する青木仁志先生のお言葉です。

 

そのためには、まず自分自身が成長すること。

そして、仲間に支えられ、支えていける人間になること。

 

夢の実現にJCは欠かせない存在になりました。

 

このブログを読んで頂いた方の夢の実現に向けて、

私もまだまだ成長し続けます(^^)/

 

次回は総務運営委員会の武末運営幹事よりご投稿頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram