未分類

サマーコンファレンスについて

このブログ記事は2014年に投稿された内容です。つくし青年会議所は1年ごとに役職や活動内容が刷新されますので、この投稿の内容は最新のものではない可能性がございます。予めご了承下さい。


 

 

logo

 

 

JCのサマーコンファレンス(サマコン)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、開国以後様々な文化が混在しながらも独自のアイデンティティへと昇華させてきた気概と未来への希望が溢れる横浜の地において、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

 

 

本年は7月19日、20日の両日、「取り戻せ、日本の矜持を!~今、共鳴の時~」とのスローガンのもと、日本全国で日本の矜持を取り戻す運動を展開することで、意気あふれ、活気に満ちあふれた「たくましい国」日本の創造へ繋げていくことを目標とし、日本の可能性、地域の可能性、青年の可能性を見出し、未来を切り拓く国民意識を醸成することを目指しました。

その歴史はかなり古く、1966(昭和41)年の第1回政治問題セミナーに始まります。当時、日本は戦後20年を経過し、東京オリンピックを節目に新たな経済大国の道を歩み始めていました。戦後の経済復興を担う若手実業家の集まりであった青年会議所も自ずとその視野を広げ国の将来や世界の中の日本を意識するようになっていたのです。

 

 

その後、1978(昭和53)年からは青年経済人会議と形を変え、主として日本の防衛と安全がテーマとされ、その後は地方分権、地球市民時代の幕開けと自己改革、地球市民の時代の定着から新人間社会の創造へとテーマを徐々に変遷しながら、1994(平成6)年から現在のサマーコンファレンスの名称となりました。

 

 

わが、つくしJCからも西高辻理事長始め10数名の代表団が横浜の地に赴いて積極的に参画し、本年のサマーコンファレンスの大成功に貢献いたしました。

 

 

 


つくし青年会議所facebookページ
つくし青年会議所twitter
つくし青年会議所Instagram